メイン画像

冠婚葬祭の中でも葬祭の式場選びは

冠婚葬祭の中でも、葬祭の式場選びは、大変頭を悩まします。ほとんどの場合は、時には、葬儀会館での式となりますが山など別の場所となることもあるらしいのです。昔みたいに、多数の人を集め、立派なお葬式と言うよりは、こじんまりと家族中心で、葬儀を希望している場合も少なくないようです。それに、かつて結婚式場だった場所を改造した、洋館風の葬儀場もあるのです。いずれにしても、故人自身がどのような雰囲気を希望していたか、最も大切なポイントになります。

葬儀に参列の場合は必ず、香典を持ちましょう。香典は急な不幸で負担が増える遺族への、お悔やみの意味と、故人への供え物という意味が、あるのです。香典というのは目安があって、その額は故人との親密さなどから、ほとんど決まっています。また、通夜と葬儀のどちらも参加の場合、葬儀当日に香典を持っていきましょう。香典の値段は、渡し方などは先にしっかり下調べして、参加するといいでしょう。

国内の冠婚葬祭のマナーは、知っておいて損はありません。中でも、お悔やみの場である、葬儀におけるマナーは 絶対身に着けるべき事だと思います。例えば、葬儀には喪服を着用しますが、黒と決まっていて靴はエナメルなどの光沢は避けます。また、お香典は新札を避け、袱紗に包みましょう。通夜の際は通夜振る舞いは遠慮せず、更に葬式は葬儀、告別式と分かれていることも多くありますが、一般的にはどちらも出るのが常識的です。